バイアグラにハマった親父のED治療薬の日記

バイアグラの効果・副作用

バイアグラは男性の勃起機能障害にとても効き目を持ってます。英語はSildenafil即ちシルデナフィルです。
米国のファイザー会社が開発及び販売した全世界第一番目の勃起不全「ED」の内服薬です。
ED治療薬の先祖だと思います。勃起不全の病気に対して画期的な進歩を促進して、陰茎勃起の硬さにも効きます。陰茎を勃起することができるのはほぼ陰茎内を含む海綿体が瞬時に血を流れる機能を持っているからです。
そして、薬の主成分のシルデナフィルはPDE5を抑制するのを通して、一酸化窒素「NO」の解放力を増加することによって、cGMPを活発させて、cGMPのレベルを延ばして、ペニスの海綿体の平滑筋を弛緩します。
そうしたら、インポテンツの患者は性的な刺激による自然の勃起反応を引きてしまいます。
シルデナフィルは血圧への最大の作用時間が飲んでから1時間の時点ですので、毎日一回で、セックスする1時間前ぐらい飲んで下さい。普通の病気の人が錠剤の量を50mgになるのは最高です。
どんなものでもいいところと悪いところがあります。バイアグラもそういうような規律から逃げられません。副作用は山ほどあると思いますが、人によって、原因、病状などの種類もいろいろです。ここではいくつの副作用を述べます。
調査の結果によると、13%の使用者が頭痛の現象を表してきます。
しかも、飲めば飲むほど悪くなりやすい。3%の使用者が短時間に視力をぼけています。そして、たまにブルー光の幻像が見えています。緑内障の患者が一夜の時間に失明になります。シルデナフィルは耳が遠いことになる可能性が高いです。
ほかの使っている薬を同時に飲んだら、血圧を急激にゼロになることをもたらしてしまう。時にはすぐめまいをして倒れてしまう。ペニスが24用時間にずっと勃起状態になって、陰茎に筋肉を傷付いて、逆にインポテンツ病状をもっと悪くなっていた。
インポテンツは時々心臓病、糖尿病およびガンの前兆ですので、この薬を飲んだら、真実の病気をごまかしてしまいました。長期的にED治療薬を飲んだら、薬に依頼性が高くなって、永劫なインポテンツ患者になってしまいます。
しかし、いろな副作用がありながら、バイアグラが今までの一番すごいED治療薬としての地位は誰でも揺り動かすことができません。
バイアグラの知名度だけでなくバイアグラジェネリックの存在も地位を確立する一つの理由でもあります。
インド国製造のバイアグラジェネリックの種類は豊富にあり、海外医薬品の通販サイトなどで購入することが出来ます。バイアグラと同等の効果が期待でき、そして安価で個人輸入出来る点が人気の秘訣でもあります。

ED治療薬のオススメ情報サイト⇒バイアグラNAVI

メニュー